« バリウムという名の「白い恋人」 | トップページ | お猿さんの惑星(日曜洋画劇場) »

タイレストラン「マンゴツリー東京」

MOGUクンと丸ビルランチを敢行しました。お店は高級タイレストラン「マンゴツリー東京」です。

丸べるin丸ビルなどとオッサンギャグをかましつつ、エレベーターでイッキに35階へ向かいました。高層ビルのエレベーターってデートの要ですよね。ちょっとした密室感と高揚感が味わえます。

二人とも眺めのいい場所でする食事がダイスキなので(キライな人なんているの?)新宿や汐留やお台場にはちょくちょく行くのですが、丸ビルデートは意外にも初めてだったりします。ちょっと新鮮なデートです。テヘ。

ホテルのレストランみたいな案内で(完璧な接客!)蓮の花があしらわれた幻想的なエントランスを経て、いい匂いのする店内へ。四角い皿を持った人々が、色とりどりの料理をよそっています。そう、ランチはビュッフェスタイルなのです。

じつのところ、ビュッフェって苦手なんですよ。料理がハズレなことが多いし、サービスがテキトーだし、それより何より落ち着かない。特にランチビュッフェはオバチャンやガキンコ連れがウルサイんで敬遠です。

そんなべるが「ここのビュッフェは違う!」と唸るよーな高級感が「マンゴツリー東京」にはありました。テーブルセッテイングも接客も完璧ですし、何しろお料理がスゴイ。目でも楽しませてくれる鮮やかさ。そして目が覚めるようなマジメな味。Mttokyo03 スタッフのオりエンタルブルーのユニフォームも目にキモチイイ。

シンハービールを飲みながら、コーフン気味にいろんなお料理を味わいます。ご覧のように、旬の野菜をたっぷり使っているところは日本の料理と通じるものがありますね。

二杯目はオリジナルのバンコクモヒートを注文。モヒートはラム酒とライムそしてミントが奏でるハバナが発祥のカクテルです。美味しいモヒートとそうでないモヒートとの間には決定的な違いがあるのですが、このレストランならダイジョウブだと思いオーダー。上質なラム酒と新鮮なミントでなければ美味しいモヒートは作れないんです。

Mttokyo01_1

で、運ばれてきたのは、スターフルーツをあしらったクールなモヒート。

スパイシーなタイ料理とよく合います。われながらグッチョイス。     Mttokyo02

ヌードル(目の前で好みの味に作ってくれます)やデザートもしっかり食べておなかいっぱい。シアワセな昼下がりでした。

マンゴツリー東京公式サイトhttp://www.mangotree.jp/index.html                                 

|

« バリウムという名の「白い恋人」 | トップページ | お猿さんの惑星(日曜洋画劇場) »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。