« 「ズッキーニのグラタンが食べたい」 | トップページ | 佐川のおにーさん、ホントごめんなさい。 »

これが私の生きる道(シセイドウ)

昨夜銀座で飲んでいたら(カウンター席)、ヒジョーに美しい方と隣あわせになりました。

ご主人(こちらも渋めのイイオトコ)と楽しそうに日本酒を傾けているその姿はまるで女優。服もヘアスタイルもメイクも完璧で、知的な表情が印象的です。若いオンナノコもいいけど、成熟したオトナの女性って目の保養になりますねぇ。こんな美人の隣に座れてラッキー!とオヤジモード全開のべるでした。

で、ふとしたことからコトバを交わすようになりまして、次第に意気投合というお約束の展開であります。

麗しきその方はなななななんと二十歳の息子さんがいるんだそーで、「息子が結婚でもしたら孫が出来ちゃうわ」なんて明るく笑うのでした。笑顔もまばゆいくらいの美しさ。隣でニコニコしているご主人もきっと自慢の奥様なんでしょーね。ウラヤマシイ。

思わず「化粧品はどこのメーカーを使っていらっしゃるんですか?」と尋ねたら(キレイな人に必ずする質問)、ご主人とフフッと顔を見合わせて「会社の製品かしら?」とのお返事でした。

会社の製品?ちょっと待て、ここは銀座ですぞ。てことは…あの会社にお勤めなのですね。うはあ!美しさに納得です。

そうと分かればギョーカイの方の本音が聞きたいじゃありませんか。

「ドラッグストアで安売りされてる商品ってどーなんですか?」「本当にいい商品を開発するってコスト度外視ですよね?」「いい商品と売れる商品はどちらが大切?」「アナタの考える美しさとは?」「ワタシ、まだ賞味期限切れてませんか?」

こんなヨッパライの質問にジョークを交えつつ答えてくれた麗しきお方。コトバの端々に知性が溢れておりました。

やっぱりオンナはキレイでいるための努力をすることが一番大切だなあ、としみじみ感じたのでありました。これが私の生きる道(シセイドウ)なのであります。

|

« 「ズッキーニのグラタンが食べたい」 | トップページ | 佐川のおにーさん、ホントごめんなさい。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。