« 搾乳ボタンスイッチオン! | トップページ | 恋人への業務改善提案 »

今よみがえる昭和の名曲シリーズ! Tong Poo

今よみがえる昭和の名曲シリーズ!

第一回はYMO初期の代表作「Tong Poo」であります。1978年(昭和53年)発売の「イエローマジックオーケストラ」というアルバムに収録されたのが初出でしょうか。「中国女」「ファイヤークラッカー」「コズミックサーフィン」などが収録されています。作曲はキョージュ(坂本龍一)です。

一般的には、YMO=ライディーンという図式があり、あれはあれで日本人のDNAに刻み込まれた名曲です。運動会でもお馴染みですし、さいきんは野球の応援でも使われていたり。テクノなんだけど、なんだか演歌や民謡的なノリです。昭和歌謡?

それに比べて、Tong Poo はクラッシック的な楽曲。べるにとっては、モーツアルトのトルコ行進曲みたいなイメージです。西洋から見た東洋がテーマのオリエンタルな旋律。

この曲に注目が集まったのはやはりYMOの1979ワールトツアーですね。あまりにも古い話ですが、べるにとってはYMOこそが昭和のアイドルだったのでありまする。アイドルといっても、キョージュはタバコ吸いながら演奏してんですけどね。(You Tube で Tong Poo と検索すればでてきます)

うまくいえないけど、べるは、キョージュの弾いてるピアノ聴きながらイキそーになるのですが(まじで)、なかでもこの曲だと三回はイキます。(おいこら)つか、キュージュの弾く Tong Poo  は常識的に言って世界遺産だろ。

全然カンケーないけど、当時のユキヒロっていまのおおくぼさー(大河の大久保演じる原田泰造)にしか見えない件について…。

・・・・・

いずれにしても、べるの昭和はYMOとともに歩みました。間違いありません。

オマケ  You Tube で見つけたお宝感涙画像。キョージュとアッコちゃんの連弾す。萌えた!

http://jp.youtube.com/watch?v=KaAgA-UTkig&feature=related

|

« 搾乳ボタンスイッチオン! | トップページ | 恋人への業務改善提案 »

昭和の名曲」カテゴリの記事

コメント

東風はウラで教授のピアノと細野さんのベースの暴れっぷりがサイコーです。

あと、ライヴでは92年だっけかな、ハートビートのツアーでトミイエサトシとの連弾が凄かった!

http://jp.youtube.com/watch?v=e6lpXoqC4GM

このときはゲストでデヴィッド・シルヴィアンも出てきてお得感高かったなあ。

投稿: よしき | 2008年7月21日 (月) 23時49分

見ました!
失禁しそう。

投稿: 丸の内べる | 2008年7月22日 (火) 00時14分

この記事へのコメントは終了しました。

« 搾乳ボタンスイッチオン! | トップページ | 恋人への業務改善提案 »