« 関係カクイにおねがい | トップページ | ときめくことも皆無 »

太田和彦「居酒屋紀行」

旅先やあるいは都内でも、居酒屋巡りが半ばライフワークとなっているべる。

地元の鮮魚、炉端焼き、おでん、郷土料理、そしてなんといっても地酒。年季の入った昭和佇まいのお店だったり、気さくなご主人だったり、居心地も大切な要素です。

先月会津若松で立ち寄った「籠太」と東京八重洲の「ふくべ」、どちらも常連になりたいスバラシイ居酒屋だったのですが、この二店にはある共通点がありました。

いえ、この二店に限らずべるが気に入ってる(あるいは、まだ行ったことはないが行きたくてしょうがない)居酒屋には必ずと言っていいほど共通点があるのです。それは…。

居酒屋評論家(愛好家?)として著名な太田和彦氏推奨のお店であるということなのです。

「籠太」には太田氏の色紙が飾ってありましたし、「ふくべ」も少し前に取材にいらして雑誌に掲載されたそうです。(ご主人曰く)

もちろん氏の居酒屋に関する著書や雑誌記事は以前から知っていましたが、ここまでじぶんの好みにドンピシャなんて。ハァハァ。

そのことをいつものおうどんやさんのご主人にも話したら、なんと「わたしも太田さんの昔からのファンなんですよ」とのこと。ほえ〜。

太田談義に花が咲き、DVDを三巻貸していただきました。そう、驚くべきことに「居酒屋紀行」なるDVDまで出していたのですよ。

てなわけで、今宵も一杯やりながらDVD鑑賞でございます。太田和彦氏はステキダンディーでありまする。ハァハァ。

|

« 関係カクイにおねがい | トップページ | ときめくことも皆無 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。