« 女性誌をがんばって読む | トップページ | 眠れない夜 »

隅田川で橋に酔いしれる

先日、隅田川の水上バスで浅草~日の出桟橋間を往復した。所要時間は片道約40分。往路はガイドさんの肉声によるガイド、復路は2ヶ国語(?)の音声テープによるガイドがあり、観光客気分を味わうことができる。船はもちろん、自称「橋フェチ」にはたまらないクルージングであった。

東京湾側から順番に橋を紹介する。(クリックするとデカクなる仕様)

・ 勝鬨橋

有名なバンザイ橋。船舶の通過に合わせて、橋の中央部分がバンザイのような形で上方に開くという構造である。完成したのは1940年というから驚きだ。技術国日本。また、この橋にはどうしても両津勘吉が開けたというイメージがつきまとう。ガイドさんの説明によると、この橋は現在も可動であるが、動作確認等整備には約10億円必要であるため今のところ未定らしい。10億円かぁ。ビルゲイツのポケットマネーでちょいと動かしてみてよ。

200905231759001

・ 佃大橋

1964年竣工。東京五輪の年である。この一帯はかつて佃島と呼ばれており、橋が出来る前は「佃の渡し」によって両岸の行き来がなされていた。このあたりで採れた貝や小魚を保存食として甘辛く煮詰めたものが佃煮である。また、IHI(石川島播磨重工)の跡地でもあり、軍艦マニアにもたまらないスポットである。新しい佃橋のシンボルは無機質な天空城、聖路加タワーで決まり。

200905231801000

・ 中央大橋

何とも没個性的ネーミング。なぜなら1993年竣工の若造だからである。隅田川とセーヌ川は何でも友好関係らしくて、その記念に寄贈されたブロンズ像が配されている。へーそうですか、ってカンジ。

200905231804000

・ 永代橋

旧橋は江戸時代、幕府の永代の繁栄を願ってこの名がついたと言われている。現在の橋は1926年に再架橋されたものである。地下には東京メトロ東西線が通っている。

200905231805000

・ 隅田川大橋

首都高である。したがってただのまっすぐな橋である。ちと殺風景。地下は半蔵門線が通っている。右岸に読売新聞社の建物があり、レゴブロックにも似たそのデザインに目を引く。ぽっかり開いた真ん中の穴は、近隣住宅の日照権に配慮したものなんだそうである。

200905231808000

・ 清州橋

なんとも優雅な橋である。ドイツの吊橋をモデルにしているらしく、欧風なたたずまいで魅了する。永代橋が「帝都東京の門」と呼ばれていたのに対して、この清州橋は「震災復興の華」。すなわち、関東大震災の復興シンボルだったのである。さらに、勝鬨橋、永代橋、清州橋は国の重文としても知られている。なるほど、圧倒的な存在感だ。

200905231809000

・ 新大橋

新とついているがその歴史は古く、最初に架橋されたのは江戸時代に遡る。当時、両国橋を大橋と呼んでいたためこの名がついた。また、芭蕉庵はこの橋のすぐ傍にあった。

・ 両国橋

こちらがその両国橋。両国とは、武蔵国と上総国である。(総武線の由来もこれ)江戸時代から幾度もの架け替えを経て、現在の姿になったのは1932年だ。神田川との合流地点近くでもある。現在は、言わずと知れたお相撲さんの町。

200905231815000

・ JR総武線鉄道橋(総武線隅田川橋梁)

両国駅~浅草橋駅間に位置する鉄橋である。ちょうど電車が通ったので気分よく撮影できた。鉄橋フェチにはたまらない。

200905231816000

・ 蔵前橋

このあたりは江戸幕府の蔵が立ち並ぶ蔵前通りと呼ばれていたことに由来する。竣工は1927年である。以前の国技館はこの場所にあった。また、東京大空襲で多くの人が押し寄せ、ここで命が失われた悲しい歴史の場所でもある。

200905231818000 

・ 厩橋

現在の橋が竣工されたのは1929年。名前の由来はもちろん馬を繋ぐ厩があったからだである。ダービーの願掛けに手を合わせた。

200905231819000

・ 駒形橋

近くに駒形堂があることに由来。馬頭観音がご本尊として祀られている。ああ、ここでも願掛け。竣工は1927年である。

200905231822000

・ 吾妻橋

水上バスの旅もそろそろおしまい。浅草である。この橋は雷門通りでもある。赤い色も雷門をイメージしているのか?また、このあたりには屋形船の船着き場も多く、花見や花火のシーズンのにぎわいを想像させる。まさに、日本の元祖レジャースポットである。橋の竣工は1931年。

200905231823000

この先上流に向かって、東武の鉄道橋、お団子で有名な言問橋、桜橋、白髭橋と続く。隅田川で橋に酔いしれたのは言うまでもない。橋はロマンだ。

帰宅後、これらの画像を地図に画像を貼り付けるなどして整理した。橋の由来や近辺の情報も書き込めばちょっとした夏休みの自由研究ではないか。

「こーゆーのをさあ、ヤフオクで自由研究1件2000円とかで売ろうかな?他にもいろいろ作って売ったら、あぶく銭になりそー」と後輩に話したら、冷やかな視線が返ってきた。ウソです、ごめんなさい。

最後に、吾妻橋のそばにあるニッカウィスキーの広告。ブラックニッカのパッケージでおなじみのオジサマだが、この人の名前は?

200905231823002

正解はローリー卿。ニッカの余市蒸留所で知った。ススキノ交差点にも巨大ローリー卿がいるよね。ヒゲのウィスキー。

|

« 女性誌をがんばって読む | トップページ | 眠れない夜 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

橋がお好きなら、こんなのはいかがでしょう?http://www.reservedcruise.com/fact/

投稿: へべれけ吉田 | 2009年5月29日 (金) 11時54分

吉田氏

情報ありがとう。
次回、イイオトコを調達(!)して豪遊しますか?
うへあー。

投稿: 丸の内べる | 2009年5月29日 (金) 19時49分

いいですねー
んでも、私のほうはもう弾切れですよ(笑

投稿: へべれけ吉田 | 2009年5月30日 (土) 06時54分

吉田氏

銃刀法違反です。

投稿: 丸の内べる | 2009年5月31日 (日) 16時00分

この記事へのコメントは終了しました。

« 女性誌をがんばって読む | トップページ | 眠れない夜 »