« 五月病チェック | トップページ | 続・DQNファミリー観察日記  »

キス原理主義者の苦悩

自他共に認めるキス原理主義者のべるです。

例えば、じぶんの近辺にお相手するのにやぶさかでないイイオトコが20人いたとしましょう。相手もまんざらでもないカンケイだとします。そんなウハウハ状態が実際にあるとは到底思えないのですが、仮定の話です。

そのうち1人とだけセックスしてあとの19人は眺めてるだけ、ってよりも20人とキスするカンケイでいたいなどという不穏な考えの持ち主です。車の中とか公園のベンチとか窓辺とか、いろんな場所でキスしたいと常々思っています。常々思ってるところがとてもイタイのですが、ご容赦願います。正直に申し上げただけ。

けれど、世の殿方はさにあらず。

最終行為に至るまでのプロセスの一環としてなら歓迎でしょうが、いつまで経ってもキス止まりとか、すでに征服済みなのに積極的にキスするとか、そーゆーのはあまり歓迎しないという傾向があります。特にいつまで経ってもキスだけでヤラせてくれないなんてイヤですよね。そりゃあ理解できます。

実際のところ、付き合い始めの最初の段階はキスが重要な意味を持っているようですが、中盤以降は封印されてしまう場合が多いというのが体験に基づく感想です。

過去に二人ほど、これにあてはまらない男性とソーグーしたことがあります。付き合い始めた頃のテンションでずっとキスする男性です。

彼らに共通しているのは、女性の扱いに非常に慣れていてサービス精神が旺盛だということでした。おそらく、レストランでエスコートしたり花束をプレゼントしたりするよーな感覚で、キスしてくれていたのだと思います。欧米か!といいたいとこですが、ありがたいことです。

だからと言って、キスしてくれなくなる男性がイヤだとかダメだとか、そんなことは全くありません。相手が多少消極的でも、コッチから勝手にしちゃいます。顎にチュッとやるのが特に気に入っています。

…とまあ、こんなしょうもないことを、新型インフルエンザ関連のニュースを見ながら思案しておりました。ますますキス原理主義者の肩身が狭くなりました。

抗菌キスならよかですか?

・・・・・

追記 プロフィール改定しました。コチラ

|

« 五月病チェック | トップページ | 続・DQNファミリー観察日記  »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

えっ?
キスはいつまでたっても大切ですよ。
朝から晩まで何百回でもできますしね。
とはいえたしかにそれより先に進ませてくれなかったら困りものです。

投稿: ぴぬ | 2009年5月20日 (水) 12時21分

趣旨にご賛同いただき、ありがとうございます。
いつの世も、オトコとオンナは一進一退です。

投稿: 丸の内べる | 2009年5月21日 (木) 17時29分

この記事へのコメントは終了しました。

« 五月病チェック | トップページ | 続・DQNファミリー観察日記  »