« 小説がやっかいな理由 | トップページ | 十本十色 »

香織さんにお願い

赤面モノですが、とある男性に好意を持っていることに気が付きました。好意、と書くとなんだか漢字テストみたいです。

「わたしは、あの男の人にこういを持った」下線部を適切な漢字に直しなさい。校医でも皇位でも不正解です。

その人のことをじつはあんまり知らないのです。血液型も、年収も、タイプのゲーノージンも、スキな映画も、乗ってるクルマも、紅茶にミルクを入れるのか入れないのかも…。最初の3つはべるにとって相手がだれであろうとキョーミがない事象なので、一生知らなくても不自由しないと思われますが。

・・・・・

香織という女の人からメールがきた。タイトルが香織で、アドレスを変更したので登録し直せという内容である。それだけである。

香織、というから女の人なんだろう。そして、その新しいアドレスとやらはその香織さんを特定できる情報(苗字だとか、以前のアドレスとの一致だとか)が何もない。さらにやっかいなことに、ケータイに登録してあるだけですでに4人の香織さんがいる。メールの主がどの香織さんなのか見当がつかない。

ところで、このようにケータイのアドレスや番号の変更を知らせてくるメールをたびたび受け取るのだが、ついつい変な勘ぐりをしてしまう。

「オトコ(あるいはオンナ)と別れて、消息を絶ちたいのか?」

本当はもっと別の理由なのかも知れないのに、不穏当な想像をしてしまうのだ。いいシュミとは思えない。

だから香織さん、下衆の勘ぐりに遭わないためにも、変更の理由を添えてフルネームで名乗リでてください。

|

« 小説がやっかいな理由 | トップページ | 十本十色 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。