« 白パンのドライトースト | トップページ | じぶん自身がそうだから »

山手線と京浜東北線のカンケイ

本日、電車の話ではない。先週またもや取引先某社との打ち合わせがあった。

今回は、いつもの超大手教育関連企業ではなく地元のIT関連企業。「WEBで地域活性」とのたまっている会社らしい。誰ぞの紹介で営業にきたのだそうだ。ここの会社のエライ人(たぶん)とその部下の技術者が向こうのメンツである。

打ち合わせ(つーか商談だよね)が始まってすぐに、ヤーな気配が会議室に立ち込めてきた。本題ではなく、エライ人の自己紹介を含む「わが社は~」が思いのほかこってりと語られるのだ。話が冗長なのは多少ガマンするとして、熱く語るその内容が、「意味不明な用語と不快な咳払いの夢のコラボ!」といったカンジで、要は言語としての役割を全く果していないのである。

夢のコラボがようやく終わると、今度は PowerPoint の紙芝居がスタートだ。お供をしていた技術者が操作し、エライ人が何か喋る。

この お決まりのパワポタイムが死ぬほど退屈だということに、この人たちは気がついているのだろうか。パワポにしないと天罰が下るとでも思っているのだろうか。さらに、操作する人と喋る人が別々という、意味のない二人三脚も定石なのだろうか。べるにはサッパリ分からない。

もちろんここでも、宇宙語と咳払いがもれなくついてくる。宇宙語というのは、それがカタカナ専門用語のバーゲンセールだからではない。いや、それも大いにあるのだが、呼吸のタイミングが変なのか奇妙なノイズのかかった音声なのだ。 NASA が傍受した地球外生命体の言語、そんな形容がピッタリである。

当然のことだが、話はあまり聞いていないし、スクリーンも見ていない。エプソンの高級プロジェクターをぼんやりみている。プロジェクターの向こうにはノートPCを操作している技術者が見える。30歳くらい?シャツのシュミがよい。清潔で涼しそうなブルーで、仕立ての良さが遠目にも分かる…。

とまあこんな不毛な時間を過ごし、「検討します」で終了。

向こうは慣れているのか、イヤな顔ひとつしないし(アタエリマエか)、サクサクと片付けを始めた。片付けるのはブルーのシャツの技術者。その間、エライ人はべるに宇宙語で話しかけていた。たぶん営業トークだ。

この業界って、技術と営業がホントに別々の路線なのだなー。なんだか、山手線と京浜東北線のカンケイみたい。それぞれの本来の役割は異なるのだが、ある区間は仲良く並走しているためパッと見どっちに乗ってもよさそう。でも、そうじゃない。慣れていないと戸惑ってしまう。何のために二人いるの?と思っちゃう。

最後に、営業トークのエライ人にちょっとオネガイがある。

「×××環境作りのお手伝い」とか「よきビジネスパートナーとして」とか「ご縁と人の輪を大切に」とか、トークの途中に変なフレーズを挟むのはヤメテほしい。むずむずしてくる。

|

« 白パンのドライトースト | トップページ | じぶん自身がそうだから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「WEBで地域活性」といえば、この間フリーのWEBディレクターとして会った企業の社長もそんなことを言ってたと思い出しました...。
まさか、同一人物じゃないよなー?

投稿: 秋 | 2009年6月 9日 (火) 19時06分

その後、例の件はいかがですか?

IT系が2人組なのは、技術者がたいていトーク下手だから、だそうですヨ。夫が以前言ってました。
企業としてはもちろん「技術者であって営業もできる人」がほしいのですが、技術者は営業トークがまず不得意で客先に出せない人ばかり。
営業マンは弁が立ちますが、技術的なことになると「??」なので、謎の二人三脚になっちゃうそうです。

投稿: ぷれあ | 2009年6月 9日 (火) 23時01分

べるさんと先祖が一緒なので
僕もパワポのプレゼンが大嫌いです。
作ったほうはご満悦なんだろうなぁ、あれ。
正に「手段」が「目的」になったかのよう。

投稿: クリリン | 2009年6月10日 (水) 00時40分

秋ちゃん

ありえなくもない。
われわれの行動エリアって同じだしね。

投稿: 丸の内べる | 2009年6月10日 (水) 22時58分

ぷれあ嬢

進展あったら報告しまする。

さいきんプレステのコントローラーの調子わるい。
おかげで、じぶんを制御できずにいます。
なかなかセーブポイントに辿り着けません。

投稿: 丸の内べる | 2009年6月10日 (水) 22時59分

クリリン氏

われわれのキライなものリスト
・ DQNファミリー
・ 環境保護
・ 人権擁護
・ 動物愛護
・ パワポプレゼン

投稿: 丸の内べる | 2009年6月10日 (水) 22時59分

コントローラが調子悪いと命に関わるよね。

ちなみにわたくし、時々ですがパワポ講習の講師やってます。
教えている身ですが、私もあまり好きではありません。
プレゼンとして使う人、たぶん少ないです。
どちらかと言うと、会議用資料作成ソフトという捉え方かも。

投稿: ぷれあ | 2009年6月10日 (水) 23時15分

ぷれあセンセイ

これからセンセイとお呼びします。
それとも、マスターぷれあのほうがよい?

投稿: 丸の内べる | 2009年6月10日 (水) 23時26分

この記事へのコメントは終了しました。

« 白パンのドライトースト | トップページ | じぶん自身がそうだから »