« 臆病な闇の番人 | トップページ | 白パンのドライトースト »

エクソシストな週末

うわぁああああああ!

先週、まっ昼間に旧恋人からメールの着信があった。一か月ぶり、いやそれ以上だ。ビックラこいた。

「今夜のテレビ東京 夜8時からの『いい旅夢気分』が松之山温泉→直江津の旅だそうです。もし時間があれば、今後の参考にいかがでしょうか?」

シュールすぎる。今後の参考って何のこっちゃ?ワケワカメ酒!と思ってたら、翌日のお昼の同じ時間に再度メールの着信があった。

「昨日は誤ってメールを送ってしまいました。無意味なものですので削除してください。申し訳ありません。今後、同様のことが起きないように措置を講じます」

あうあう。

新手のイヤガラセなのか、それとも本気と書いてマジなのか。

わざわざイヤガラセをするとも思えないし、相手を間違って送信したとも考えにくい。そんなうっかりを旧恋人がしでかすなんて、遅刻しそうな女の子が食パンくわえて走ってたら校門で転校生とぶつかって、その時女の子のメガネがはずれて、偶然にも二人は同じクラスで、じつは衝突したときにお互いの身体が入れ替わっていて…、というぐらいありえねー。

考えられるのは、メールはしたものの24時間後に気が変わって削除願いを申し出たか、あるいは一日おきに人格が入れ替わっているか。仮にも旧恋人だった人物に向かってこんなこと言いたくはないが、メールの文面をじぶんで読み返して何ともないのだろうか?特に「今後、同様のことが起きないように措置を講じます」の部分が完全にホラーである。

呪いのメールを見た直後から、ものすごーく不可解で不愉快で胃のところがもやもやもやもやしてきた。仕事にならん。

てなわけで、都合三日間とある方法でお祓いをしたのである。

お祓いの儀式に必要なブツはDVDプレーヤーと映画ソフト。聖水(ミネラルウォーターとビールとシングルモルト)があれば完璧だ。

映画のタイトルはジョン・ランディス監督作品より、「ブルース・ブラザーズ」と「大逆転」と「スパイ・ライク・アス」の三本立て。「トワイライトゾーン・ザ・ムービー」はYouTubeで観た。監督は違うが、ダン・エイクロイドしばりで「ゴストバスターズ」も観たかったが(リアルお祓いムービー)今回はおあずけ。

どの作品も上質のコメディであるため、あらゆる禍への即効性がある。中でも「ブルース・ブラザーズ」は症状が出て48時間以内にアルコールと併用して服用すれば、効き目は絶大。見事悪霊を退散した。

・・・・・

てなカンジでエクソシストな週末を過ごした次第。飲んだビールとモルトの量に関しては、聞いてはならぬ。

|

« 臆病な闇の番人 | トップページ | 白パンのドライトースト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ドゥービー・ブラザーズの「What A Fool Believes」の世界ですな。

投稿: よしき | 2009年6月 8日 (月) 11時31分

よしき氏

偉大なるJBのご加護の甲斐あり悪霊退散できました。
今後も飲んだくれつつ精進するので、こんな愚か者ですがお見捨てなきよう。


投稿: 丸の内べる | 2009年6月 9日 (火) 01時34分

この記事へのコメントは終了しました。

« 臆病な闇の番人 | トップページ | 白パンのドライトースト »