« 山手線と京浜東北線のカンケイ | トップページ | 二人の真相 »

じぶん自身がそうだから

日本列島にムラカミ狂騒曲が静かに流れているようです。

200905271645000

画像は、5月27日に恵比寿の有隣堂にて。この日この書店にはありえねー物量の当該書籍が何か所にもこれでもか!と積まれてありました。スーパーマーケットのグレープフルーツを連想したぐらいです。アレがホントに売れたの?店頭では品薄ってホントなの?

かくいう丸の内は、このとき上下巻×3セットも購入してしまいました。帰りがヒジョーに重たかった!

3 セットの行先は、本棚と寝室と職場です。本棚のは、お約束のグラシン紙カバーをかけて蔵書になりました。寝室のは、フツーに読みました。職場のは、「読んでみたい」「貸して」という生徒のためです。すでに上下とも貸出中です。普段からいろんな本を生徒に貸しているので、今回は事前に用意しておきました。

・・・・・

丸の内のそういった行動をチクチク批判する教員がいます。

「丸の内センセイは生徒に甘い」とか「テスト前に本なんか貸すとは何事だ」とか「そもそも国語科じゃないんだから余計なことするな」とか、じんわり言ってくるわけですよ。この教員は「本を読む=国語」なんてホンキで信じていそうでコワイのですが、面倒なことはご免なのでなるべく目立たないようにやってはいます。

そうそう、今月から恒例の小論文の指導を始めます。

教員になってしばらくは「日本語が不自由な子が増殖してる」と思っていましたが、その認識は間違っていました。われわれ教員のほうがずーっと劣化してきています。思考は硬直、視界は狭隘、意欲は欠乏。何もかもが劣化。

じぶん自身がそうだから。

|

« 山手線と京浜東北線のカンケイ | トップページ | 二人の真相 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

べる先生が3セットもお買い求めだから、まったく売ってませんでしたよ「1Q84」。先ほどやっと読了しました。なかなか言葉にしづらい小説です。

先生は一般企業にも籍を置かれたわけですが、やはり職員室という職場は特殊なんですか?

投稿: 井上弐式 | 2009年6月14日 (日) 03時10分

井上氏

会社員してたときは
「会社って変だなー」
といつも思っていました。
今は
「ガッコウって変だなー」
です。
やれやれ。

投稿: 丸の内べる | 2009年6月15日 (月) 21時30分

この記事へのコメントは終了しました。

« 山手線と京浜東北線のカンケイ | トップページ | 二人の真相 »