« オトコのケータイを見るオンナ | トップページ | かぐや姫 »

昆布つゆのCM

平日昼間のTVってホントにスゴイね。

ワイドショーがくっだらねー芸能ネタと暇人オクサマ簡単レシピみたいなのばっかしなのは当然だとしても、その合間に流れるCMがこれまたヒドイ。ありえねー会話の損保コールセンターやら、ダンナの加齢臭対策やら、年齢を重ねたお肌のための怪しい化粧品やら、トンデモ商品のTV通販やら。どれもこれもツッコミどころ満載である。中でもいちばんイラッとしたのは、タイトルにもある昆布つゆのCMだ。こんなカンジ。

鼻歌口ずさみながら妻が台所で煮物

オープンカフェでの夫のテイタラクを回想

昆布つゆを使った自慢料理の披露

「わたしの料理から離れられないぞ、どうだ!」

「…好きです」

一連のCMはココで見てくだされ。当該のCMはココで。

あくまで、オンナ目線。

シゴトや家事に理解や協力を惜しまぬオトコ。ストレスないのかバカなのか、ウチではいつもニコニコしているオトコ。料理の味付けはすべて市販のめんつゆだというのに、そんな料理から離れられないオトコ。おそらく外で美味しいもの食べたこともないし、会社の付き合いで飲みに行くこともないであろうオトコ。

一方オンナは、会議や通勤ラッシュという「ごくあたりまえの」社会生活に疲れつつも、優しいダーリンのお陰で充実した日々を送っている。料理は昆布つゆでチョチョイのチョイ。ダンナのハートはこれでげっとん。

何かを連想させると思ったら、アレだ。ズタボロ大河「天地人」だ。能天気でヘラヘラしているカネツグと、たいしたことやってねーくせに、ヤタラと良妻賢母ぶってるオセンのカポーだ。歪んだフェミニズムの香りがプンプンする。

よく「誠実なヒトがスキ」とか「価値観が同じヒトがスキ」とかオンナが口にする。ソレって厳密に翻訳すると、「わたしだけに誠実なヒトがスキ」とか「ワタシの価値観に同調してくれるヒトがスキ」ってことなんだよね。「スマートなヒトがスキ」を翻訳すると「金払いのいいヒトがスキ」になるし、「包容力のあるヒトがスキ」は「わたしの過ちは水に流すヒトがスキ」ってことだ。だおね?

昆布つゆ自体がオンナ(主婦)をターゲットにした商品だから仕方ないのかも知れないが、広告作る側はオンナをそーゆーもんだと思ってるワケだ。作る側(メディア)と受け取る側(オンナ)の相乗効果によって、ますますスイーツな生き物が増殖するという仕組みなのであろう。

あの昆布つゆCMに共感するオトコっているのかねー。

|

« オトコのケータイを見るオンナ | トップページ | かぐや姫 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

どうも~
気がつくともう年末!
結局、我が家はFF13は買っておりません。システムも変わってしまって難しくなったようで何だかやる気がなく・・・

昆布つゆのCMって、前は草なぎ剛がやってなかったっけ?

投稿: ぷれあ | 2009年12月25日 (金) 21時59分

女史:
全裸アイドルもやってたけ?
てか
新年会ヨロです。
銀座ランチしますかい?

投稿: 丸の内べる | 2009年12月26日 (土) 17時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オトコのケータイを見るオンナ | トップページ | かぐや姫 »