年末回想と博多がめ煮

流浪の教員丸の内べるの主宰するring the bellも2010年でやっとこ10年目突入でございます。
スタート当初(2001年~)は昔懐かしいテキストサイトの体裁でした。
フレーム構成で、アクセスカウンターやBBSやリンク集があったりする、典型的な「ホームページ」でした。
くだらない日々の雑事を書き連ね、コイズミ先生が主人公の作り話や月末オトナニッキなんぞを晒しておりました。
コンテンツという言葉をやたら使ってた恥ずかしい日々でした。
その当時からご贔屓にしてくださった関係各位には足を向けて眠れません。

昔はオフカイ的なものを開催したこともありましたっけ。
オンナ好きの丸の内らしく、確かオンナだらけのオフカイだったなー。
関西や東北や九州から会いに来てくれた関係各位(大抵オンナ)もいたよなー。
その度に銀座やお台場や鎌倉をアテンドしたよなー。
丸の内の地元に関係各位が大集合して、ドンチャン騒ぎしたこともあったなー。
夜中のチャット大会で盛り上がったり、よろず相談に乗ったり乗られたり、家族ぐるみで遊んだりもしたなー。
何もかもがすんげえ懐かしー。

2007年からはブログに衣替えしましたが、相変わらず駄文を垂れ流しておりました。

丸の内自身が年をとったせいか(オバサンじゃ~)、この頃になると関係各位との交際もボチボチというカンジに落ち着いてきましたなあ。
とは言え、年に数回名古屋から遊びに来てくれるエンジニア姐さんや、定期的に食事に誘ってくれるヲタク女史がいたり。
ありがたいことです。
さいきんレンラクのないそこのアナタ。
当方のメルアド(ドコモ)は変わってないので、年賀状代わりにメールよこしなさい。
有楽町のガード下で飲みまひょー。

ちうか、飲み会開催したら、関係各位来てくれまつか?
以前にも増して酒癖悪いっすよー!

んでは、おせち作業に戻りまする。博多がめ煮がもーすぐ出来上がります。博多のお正月はがめ煮(いわゆる筑前煮)でございます。

|

「丸の内べる」という幻想

お雑煮はやっぱアゴ出汁&焼いた丸餅ですよねっ。(博多のお雑煮

・・・・・

年の瀬に、こんな辺境ブログを読んでいる奇特な関係各位。いつもお世話になっております。厚顔無恥な丸の内を来年もヨロシクです。

睾丸、もとい厚顔無恥ついでに。

関係各位ご存知とは思いますが、当方、フツーのオバサンです。厳密には、酒癖の悪いオバサンです。どちらかちうとアクシュミで、意地汚いとこがあります。メタボ体型でいつもスッピンの動物顔です。ネバーエンディングストーリーのファルコンに似てるかと。

ごくまれに「美人で知的」という的外れな評価をされる御仁があらせられまして、それを全力で否定したいのであります。日本の治安のためにも、世界の平和のためにも、宇宙の秩序のためにも。ムツゴロウさん的視点で、カワイイと思っていただけるなら話は別。それならおkです。

ちうわけで、丸の内に過剰な期待を抱いてるミナサンに恐る恐る申し上げる次第です。

「丸の内べる」は幻想です。「中の人」を知ったら確実に幻滅します。

| | コメント (4)

丸の内べるオフィシャルブログ(保存版)

ひょんなコトから、新人タレントとトモダチになった。

ドラマや映画にちょこっとだけ出演している24歳オトコ。身長190センチって、同じ人間とは思えないモノがある。すごーい上の方に小さい整った顔がチョコンとのっかっているカンジ。

ヒマ人丸の内は、例によってシツモン責めである。どこ住んでんの? 出身地は? (丸の内と同郷!) 休みの日ナニしてんの? 使ってるアプリは?(カレもiPhoneユーザー) メルアドは? ブログ(タレントだもん雨ブロさ!)やってるよね? 残念ながらTwitter はヤッてなかったが、アカウント作ったらスグに教えろ! 等々。こんだけきいときゃジューブンだろう。尋問か。

全体的に礼儀正しくて賢いコだったので、ヒジョーに好感が持てた。

このネタを誰に自慢しよーかと(イイトシしてソレカヨ!)考えてるとSkype着信音がしたんで、例の教え子に情報提供することにした。(丸が丸の内で、教が教え子)

丸:すんげーいいおとこ
丸:みつけた
丸:24さい
丸:だお
丸:あとで
丸:画像おくる
教:え
教:男?
教:ほしい!!!
教:24?
教:gj
丸: しんちょう
丸:190
教:たかw
教:ぎゃーじん?
教:にほんじん?
教:写真!!!

ものすごい勢いで食いついてきた。もちろん最初から紹介する予定だったケド、想像以上の展開にワロタ。「男、ほしい!!!」とか「gj」とか「ぎゃーじん?にほんじん?」とか、ここまで分かりやすいヤツもいないね、全く。

帰宅後、早速カレのブログをチェックしたところ…、うわー!典型的なゲーノージンブログだ!無駄に改行しまくりで、たいした分量の記事じゃないのにスクロール三昧。ケータイ撮りの日常ヒトコマが標準装備してある。もちろんスポンサー広告てんこ盛り。判で押したような雨ブロ芸風はナゼなんだ?そのほーがゲーノージンぽく見えるつー法則でもあんのか?さっぱり分かんない。

ちうわけで、丸の内も雨ブロ風に書いてみた。

・・・・・

丸の内べるオフィシャルブログができました!!!






よろしくネ






今日は月に一度のワインスクールの日です






渋谷まで電車でお出かけしました






渋谷はすっかりクリスマスだよ~






何かイイコトないかな~☆






なーんて考え事してたら






山手線のホームでキョージュを発見♪♪♪






Kyoju






wwwwwwwwwwww






明日も頑張るぞ~






・・・・・

こんだけ書くのに、頭の中が沸騰して、恐ろしく時間がかかった。死にそ。やっぱすげーな、ゲーノージン。

| | コメント (0)

『ring the bell』のブロガー

いつの間にか、10/14付のエントリーを取り上げてもらってたみたいです。どもです。
「14年ぶりに復活!NHK人形劇」

で、内容とは直接カンケイないのですが、記事の中で丸の内は「『ring the bell』のブロガー」と呼ばれています。ブログを書いているヒトをブロガーと称すのはケッコウですが、いざじぶんがそう呼ばれると違和感ありありです。

なんていうか、ブロガーというのは便宜上広義で発生した呼び方(ブログを開設しているヒト全体を指すコトバ)で、それを個々にまで関連付けてよいものなのかなーと。この文脈で言うと、「『ring the bell』のブロガー」ではなく、「『ring the bell』の筆者」のほうが適切と思われるのですが。

例えるなら、夏目漱石のことを「『吾輩は猫である』の小説家」と呼んでるようなもんです。この場合は、「『吾輩は猫である』の作者」が適切なのは言うまでもないでしょう。

とまあ、こんなことが気になるようじゃ器が小さいっすね、丸の内。絵文字がイヤだと悪態をついてみたり、ヒト様の揚げ足とりしたり、生徒と一緒になってCMけなしたり…。なんつーか、品格を疑うよね、じぶん。ブロガーの品格。

| | コメント (2)

お父さん世代の絵文字満載メール

銀座の某料理長がさいきんケータイからメールしてくるようになりました。もともと、らくらくホンの通話オンリーユーザー(メール出来ない)で、留守電を聞くこともできないスキルの持ち主だったのに。一体どーゆーことなのか。

しかもそのメールがやたらテンション高くて、絵文字使いまくりで、心底キモチ悪いのです。例えばこんなカンジ。

おはよう(太陽)今日も元気でがんばろう(ビックリマーク)
彼氏できたの?(わくわく顔)
仕事忙しいの?(残念な顔)
元気にしてる?(はぁと)

キモ杉。もしかして出会い系のヒトとメール交換始めたんじゃね?と思わせるノリなんだもん。思わず

バカタレ、絵文字キモイから使うな

とだけ返信しときました。そしたら、パッタリメールが止みましたよ。ヨカッタヨカッタ。

今までメールなんかしたことなくてPCと言えば「出会い系」をすぐ連想する(絶滅危惧種)お父さん世代の、突然変異型絵文字満載メールって破壊的にキモイです。当の本人はそんなつもりないだろうし、メールには絵文字を多用するのが正しいと思っているフシがあるのですが、それがまた何とも…です。相当恥ずかしいんだけどなー。ほかの人は、カワイイ!(はぁと)とか返信してんのかね?

いや、丸の内は恥ずかしい以前に、絵文字の機種依存スタンスが気に入らないんです。もっと言うと、キャリア依存スタンスが死ぬほど気に入りません。まさにガラパゴスケータイ。ドメステックバイオレンスケータイ。オレサマケータイ。

…暴言シツレイ。にしても、メールやTwitterがソッケなくてすまんこっです、関係各位。許してたも。

| | コメント (2)

TwitterよりもSkype優先

くっだらねー話です。

例の国外追放教え子とSkypeで毎朝毎昼毎晩チャットしているワケです。TwitterよりもSkype優先です。コッチに iPhone あるんで、いつでも捕まえられちゃうのです。コレって、「インターナショナルキャッチ」すか?昔からそうだったけど、コイツ(教え子)はホントにウザイよ。ウザイくらい愛されてるよ、丸の内。

昨日のSkypeはこんなカンジ。(B:べる O:教え子)

O  明日休みだったらいいなぁー
B  あしたもしごと、んで、夜はお通夜
O  maji
B  横須賀
O  親戚? 横須賀?ペリー来航?
B  いや、ジョン万次郎
O  だれw
B  ハーフで江戸時代のジャニーズ
O  江戸時代にジャニーズなんてあるのか?
B  ペりーの
O  友達?
B  バックダンサー
O  まじかよw
O  第b苦笑
O  大爆笑
O  やばい、カフェで吹き出したw
B  え?常識だよ!
O  しらねーよw
B  しかし、よく吹くねー、修行がたりん
O  吹き捲くりw
O  お腹いたいわー
B  正露丸飲め
O  なんでそれなんだよw
B  基本だし
O  基本かよw
B  ラッパのマーク

ホントくっだらねー!
やっぱヤバイかも、じぶん。これでも教員か。

くっだらねー!ついでに。小説なんぞ書いてみようかと。書きたいテーマがもわっとあるんで、それをグダグダ頭の悪さ全開で文章にしてみようかと。ちうか書き始めてるし。

…そんな時間あるのか、じぶん。

| | コメント (4)

香ばしい知恵袋

こないだの台風の日、電話番しつつ iPhone いじってたらオモロイサイトを見つけた。 Y!知恵袋というYahoo! コンテンツである。

そもそも丸の内は以下の理由により Yahoo! が苦手でほとんど利用していない。
理由その1 デザインやコンテンツがダサイ上に使いにくい
理由その2 Flash広告ウザー
理由その3 検索の仕様がキライ
理由その4 最後に ! がつくのがヤダ

iPhone 版 Yahoo! は広告がなくシンプルな表示なのでマシである。(上段に占いと株価が並んでいるのはどーかと思うが)キョーミ本位で知恵袋つーのをタップしてみたら、 iPhone トピックが最初に掲載されていた。ヒマにまかせて読み進めていたら、これがすこぶるオモシロイのだ。

質問のほとんどは、「ググれカス」的なものや「質問してるヒマがあったらサッサとメーカーに問い合わせろ!」なもの、あるいは「そんなことここで聞いてどーする!」というものまで多岐に渡っている。それらの質問群への回答も「ココを参考に」と Apple のリンクを貼り付けてあるだけでベストアンサーに選ばれていたりで(確かにベストアンサーである)、ヒジョーに痛快だ。香ばしい知恵袋と言えよう。

香ばしい例をピックアップしてみよう。

「国内で販売されているiPhoneって、docomoのSIMカード使えないんですか?使えるようにする方法ってありますか?」

「使えません。脱獄など行えば使えるようですが、まったく無意味でしょうね」

「iPhoneを起動した時に出るアップルマークに亀裂があります。ストアが近くにないし、操作に支障がないので諦める?」

「それは故障ではありません。デザインみたいなものです」

「3G 8GBの購入の検討しています(3GSではありません) 中略 外でネットしなかったり速さどうでもいいって人は3Gでいいですよね?」

「とにかく、3GSを買ってください」

「1か月前に機種変更で入手したiPhone3GS(16GB)をマクドナルドに忘れてしまい、数時間後に戻ったところもうありませんでした。必要な手続きはしましたが、果たして出てくるのでしょうか? 後略」

「前略 とりあえず置き忘れしないように今後は注意した方がいいですね」

「iPod touch のことで聞きたいのですが、無線ランの受信できない田舎の山の中でもマップなど見れないのですか?」

「ムリですね、どー考えても」

けっして質問者をバカにしているのではない。これらは、丸の内自身がフツーにしでかしそーな質問なのである。じっさいのところ、つい最近まで WiFi のことを、「ウィーヒィー」と読んでいたぐらいであるし、脱獄はホントの脱獄だと思ってますた。ド恥。香ばしいのはまさにじぶん自身。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」ってのは、そろそろ改訂した方がいいと思う。

「ググるは一時の手間、ググらぬはネットのエジキ」である。自戒。

| | コメント (0)

食べ物ブログのオトコとオンナ

時々、近所でカレーを食べる。

オープン以来ずっと通ってるので、ヒマなときは店主といろんな話をする。食べ物や音楽の話題が多い。いつもシュミのいい音楽が流れている。

「丸の内さん、ブログとかやってますか?」

「いいえ」(ソッコーで)

「なんかやってそーな雰囲気だったから、たまに写真とか撮ってるし」

「写真は Tumblr 用です」(苦しまぎれ)

「それなんですか?」

「哀フォ~ンを使った一種の遊び…です」(なんだそれ)

「ブログじゃないんですね」

「ハイ」(キッパリ)

「mixi とも違う?」

「ぜんぜん」(ますますキッパリ)

「ふ~ん」(諦めた模様)

「そうなんです」(なにがそうなんだ)

「ボクが読んでる面白いブログがあるんですよ」

「へー、どんな?」

「カレーと音楽のことがすごーく詳しいブログ」

「教えて!」(教えてもらい、早速哀フォ~ン使って検索するとすぐヒット)

「文章も面白いんですよ」

「オトコの人が書いてるんでしょ」

「そうです、どうして?」

「オンナの人のブログって、画像+美味しかったです(はぁと)ってカンジで、分類分析してないから」

「そういえばそうですね」

「文章も無駄に改行してるか、逆に改行ナシで激しく読みづらいかで、感想も単純」

「言えてます、ウチの店のことを書いてあるブログもオンナの人のはそんなカンジ」

「逆にオトコの食べ物ブログはやたら分析してあってマニアヘンタイ向け」

「アハハ、たしかに!」

「なんちうか、オンナってワタシのオシャレな日常を見て見て見て!って動機でやってて、オトコはオレサマのデータベースを完成させるどー!って動機でやってる」

「丸の内さん、なんか詳しいですね」

「そ、そーゆーのを雑誌か何かで見たもんで…」(おいこら)

最後、調子に乗ってしまった。こんな悪シュミなブログやってるってバレたら二度とその店に行けない。あぶねー。

ちなみに、丸の内も、ワタシのオシャレな日常を見て見て見て!って動機派である。

オシャレな丸の内さんをみんなでおうえんしてね(はぁと)

よかったらココをクリックしてね(はぁと)

・・・・・

| | コメント (12)

インターネットの鐘の音、諸行無常の響きあり

アルペン社の地下格納庫に眠っていた使徒ヒロセコウミが、突如夏のゲレンデに出現したらしい。ネルフが初号機と弐号機で迎え撃つも、ヒウィッヒヒー AT フィールドに歯が立たず。

ちうか、あのヒト、ぜったい使徒だ。

・・・・・

かくいう丸の内も、インターネット事始めの頃が懐かしく思えるときもある。ガッコウのホームページ(←懐)を作成管理するように大本営に命じられて、学割ホームページビルダー(←懐)を使って、HTMLタグリファレンス(←懐)を見ながら、エッチラオッチラやったのを覚えている。ついでに作ったのが弊サイトだったわけだ。

あの頃は、フレームのあるデザインが主流で、新着コンテンツは NEW って赤い点滅で表示したり、ポストの形をした MAIL のアイコンがあったり、必ず BBS ちうのがあったり。で、「通りすがり」ってハンドルで書きこむ人が一定の割合でいたり、バナーが設置してあってわざわざ「リンクフリー」とか表示してあって。何もかもが懐かしい!

そいえば、当時、女性管理人のサイトには不思議と騎士(ナイト)気取りのオトコが常駐していて、代理管理人みたいなことをやっていたなぁ。掲示板によからぬカキコミがあると颯爽と現れてソイツを退治したり、当該の女性が落ち込んでいる時には励ましのコメントを全力でカキコ(完全死語)したり。

で、丸の内はどーだったのかつーと、ヨソ様のサイトの騎士(ナイト)気取り野郎に絡まれて閉口していた。ご丁寧に「アナタが書いてる記事は○○さんに対する誹謗中傷(これも死語か)です!」とメールをよこす輩がいたのである。○○さんというのは、おそらくソイツが信者やってる女性管理人のことだ。

あまりにもくだらなかったので、このテの迷惑行為にはこのように対応しましょうという例文をコピペして(ホントにまるっとコピペして)、返信した覚えがある。テヘ。

それから、「アナタは教師でありながらこのようなハレンチ(ザ・死語)なことをネットに垂れ流して…」的なお叱りもたくさんあった。そーゆーのは、すべてシカトした。あうあう。

さらに、むかしむかし日記才人というリンク集(←懐)の捨てアカウントを作って、わざわざイヤガラセのメッセージを送りつけてきたヤツもいたなぁ。誰だろうと思ってクリックすると、すでにアカウントが消されてるという手口。姑息なヤツだったぜ。

まあ、これらの災難を経るたびにネット経験値が少しずつ上昇したのかも知れない。

おかげで、現在のブログ形式になってからは、全くといっていいほど困ったことがない。くだらない記事を気ままに書いて、平和にネットライフを送っている。

ちょっと大げさだけど、「インターネットの鐘の音、諸行無常の響きあり」って心境なのである。

オマケ 当時のバナーを発掘した。リコや彩紀に作ってもらったんだ。

Bell

Bellface

| | コメント (6)

アナロ熊

先ほど帰宅した悪い子ちゃんです。

おやすみなさい。

アナロ熊見て寝る。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧