まちぶせ

ベッピンな上にボインの丸の内です。

今日は、ふとしたことで20代の女の子と知り合い、イッキに舞い上がってしまった見苦しいオトコの話。

ソイツは妻帯者である。女の子とはかなりの年齢差がある。どっからどーみても、ふたりは不釣合いである。だっちゅーのに、ソイツは女の子にメロメロ(死語)の醜態をさらけ出している。

特徴的なのは、出会いから暴走までの期間が極端に短いことか。オトコの言動は、エバ~の使徒を彷彿とさせる。昼夜を問わずひっきりなしのメール。イタすぎる文面。シゴト先まで押しかけての待ち伏せ。一方的な約束。すべてがストーカーレベルである。オトコのメールを見せてもらったが、「シトゴの会食を抜け出して会いに行く」だの「あなたのすべてが新鮮です」など、ヒジョーに香ばしくてヤバすぎる。

こーゆーオトコをプロファイリングしてみると、じぶんに変な自信持ってて(ほかのオトコよりカッコイイとかシゴトデキるとか)、プライドがヤケに高いと相場が決まってる。相手の女の子にウザがられていることに1ミリも気が付いていないし、たとえ気が付いても頭から否定する。あくまでポジティブシンキングだ。

もちろん本人(女の子)は、ヒジョーに迷惑している。夕べなんて、約束もしてないのに二時間待ち伏せされて、尚且つ「良かったら今からウチに来ませんか?」とメールしてきたらしい。ビョーキだよ。関係当局も交えて相談の結果、「出来る限りの証拠を確保し、いざとなったらオトコの配偶者か職場上司に情報公開する」という基本方針に決定。そーゆーヤカラはいずれ破滅するのがオチなのさ。

・・・・・

丸の内も新卒で働き始めてすぐに同じようなことがあった。

食事に誘ってくれたオジサマ(今思えば30代後半だから全然オジサマじゃない)に、その直後からしつこく付きまとわれる羽目に。デンワはもちろんのこと、職場や自宅付近をウロウロされたことも。すぐに迷惑であることを告げたのだが、簡単には撃退できず苦労した。

最初のうちは親切で優しそうなヒトと思っていたのに、誘いを断った途端に笑顔が消えたそのときの表情がとても怖かったのを覚えている。

幸い大事には至らなかったのだが(実家の親が出てきた時点で諦めた)、メールもケータイもない時代に、よく待ち伏せできたよなー、と思う。いや、ないからできたのか。

| | コメント (8)

ラジカル・ヒステリー・ツアー

音楽ネタが続く。御存じ、郷土の生んだ偉大なスター、タモリである。YMOと並ぶ80年代を代表する日本のミュージシャンだ。ホントだ。

当時、丸の内が死に物狂いで聞いてたタモリのアルバムこそが「タモリ2」「タモリ3」「ラジカル・ヒステリー・ツアー」であった。応接間のステレオで聞くのはヤッパはばかれたんで、ウォークマンという神秘のマシーンを駆使して聞いていた。当時、話の合うトモダチいなかったと思う。今もいない。

しかし、なんちゅーか、文句のつけどころなないねぇ。商業主義に走らない「パクリ」の美学ちうか。さもありなん「パクリ」原理主義ちうか。少なくとも、B'zを「パクリ」バンドだなんてほざいているチキンな奴らには聞いてもらいたいなあ。ホンモノの「パクリ」ちうのはこーゆーことを言うんだよ。一流のエンタメ。

・・・・・

てなわけで、中間テストの問題まだ途中。今宵は、「タモリのワーク・ソング」を口ずさみながらオシゴトするべ。

051

タモリのワーク・ソング

定期昇給 梅割焼酎 福利厚生 女子高生
きょうも働く三度傘 別にとりたて偉かない

重要会議 兄弟仁義 出金伝票 懐中電灯
きょうも働くエトランゼ 別にとりたて偉かない

業務報告 三行広告 特別賞与 執行猶予
きょうも働く浜千鳥 別にとりたて偉かない

社員研修 一日千秋 海外出張 栄養失調
きょうも働く帰り船 別にとりたて偉かない

依願退職 無芸大食 勤務評定 競輪競艇
きょうも働くヤン衆カモメ 別にとりたて偉かない

クッパキンロウ ビビンバキンム
エンゲマルクス ロードージョーケン
シゴト ムシネ
ダラリ ダラリ デラシネヨ

ジャスラックのヒト、ごめんなさい。

| | コメント (0)

「春がいっぱい」

丸の内ごときが特筆することはないけれど、大村憲司といういいギタリストがいた。11/18が彼の命日である。没後11年になるのかな?

80年代に熱病のように聞いていた音楽群の中に、いつも彼のギタープレイがあった。持っているどのアルバムにも彼の名前を見つけることができた。渡辺香津美や高中正義とは異なるスタイル。強烈な自己主張ではなく、周囲にスッと溶け込んで演奏全体をグッと引き締める存在感。職人ギタリスト。そんな彼のプレイに強く惹きつけられ、とにかく聞き倒したことを覚えている。

今でもそれは変わらない。当時とまったく同じように、彼のソロパートばかりを繰り返し聞いたり、DVDやYouTubeで彼の演奏を飽きずに何度も見ている。ピュンピュン鳴ってるときのプレイが特に好きだった。

てなわけで、本日は「春がいっぱい」と「外人天国」、それからYMO第二次ワールドツアーの動画あたりで追悼するか。

大村憲司、わたしのチューバッカ。

Kenji_3

| | コメント (3)

ピーターラビットとわたし

ガッコウでうさぎを飼育している。グレーのとベージュのと白いの。グレーとベージュはおとなしいが、白いのは凶暴だ。エサをやるとき毎回噛みつかれそうになる。

このうさぎたち、元々は近隣の小学校にいたのだが、繁殖しすぎてエサ代に困ると数年おきに譲り受けているのだ。最初にその話を持ちかけられた時、たまたまウチのガッコウの飼育小屋がカラだったのもあり、以来たびたびうさぎを貰っている。今飼っているのが五代目くらいかと。ちゃんと世話はしてるが、平均寿命は3~5歳というところだ。

夏休みや冬休みもエサや水をあげる必要があるので、職員はみんなイヤがる。そりゃそーだ。

四年ぐらい前に、うさぎ小屋があまりにもボロイので建て替え(!)をしたこともあった。日曜大工の心得があるスクールバスの運転手さんと丸の内の2人で、一から手作りしたのだ。図面を引いて、ホームセンターに材料を買いに行って、ノコギリや金づち使って作った。毎日少しずつ作業していたので、完成に三か月近くかかった。

今では、その小屋にグレーとベージュと白が住んでいる。

エサはペレット(市販のラビットフード)であるが、丸の内は勝手にキャベツやニンジンを持っていき、食べさせている。ほかの職員は「モノ好きだなー」という目で見ているが、気にしない。

察しのいい読者ならお気づきだろう。以前丸の内が飼っていたペットというのも、うさぎである。例の小学校で生まれた赤ん坊うさぎを、成り行きで飼うことになったのだ。ピーターラビットみたいな色のオスのうさぎ。去年の12月に死んじゃったけど、10年以上一緒に暮らしたことになる。

思い出すと、ちとさみしー。

| | コメント (2)

浮気なヴァカンス

7月上旬から教え子に付きまとわれていましたが、やっとこさ本国に強制送還されました。

この3ヶ月間、毎日大量にメールしてくるわ、コンスタントに週3回以上会って食事するわ、昼夜問わずデンワしてくるわ、エトセトラエトセトラ。ケータイの受信メール件数はまたたく間に膨れ上がり(600件を優に超えてる)、ちょっとしたコイビトのよーなもんでした。ちうか、コイビトでもここまでやらねーよ。

関係各位に言わせると、「愛されてる」ってコトらしいすけど、厳密には「無駄に愛されてる」ってカンジでした。カノジョが中2のときからの「無駄な愛」であります。

最後の最後までいろいろお世話になった関係各位、ありがとうございました。「来年もよろしく!」「いつでも本国に遊びに来て!」「ちうか、来い!」と申しておりました。あうあう。

・・・・・

ところで、そのコイビト(教え子)の残した名言のひとつに、「狩りは待合ロビーから始まっている」があります。

狩りとは何ぞや?カノジョがライフワークとしているイケメン狩りのことです。居酒屋に行っても、スポーツジムに行っても、スターバックスに行っても、いつでもどこでも狩りの態勢です。イケメンであり尚且つカネモチであれば、獲物として申し分ないのだとか。やれやれ。

曰く、狩りの最適な場所のひとつが、国際線の機内なんだそーです。

映画やドラマみたいなベタな方法ではありますが、ヒコーキが突然揺れてもたれかかったり、持ち物を落としたり、座席を間違えたり。そんな偶然を装って相手に接近し、イッキに捕獲するのです。高確率で狩れるらしい。モンハンか!

いえ、正確には、高確率で狩るための準備を怠らない創意工夫のたまものです。創意工夫とはすなわち、搭乗前に空港の待合ロビーで予め3人ほど目星を付けておくとことなり。同じ便の乗客に、イケメン&カネモチ(国籍年齢問わず)がいないか、雑誌読むフリしながらチェックするとゆーのですから、頭が下がります。

目星を付けてどーするか。搭乗したらすかさず座席の位置をチェック。機内でお手洗いに行くフリをして側を通り、上記の作戦を実行に移します。もちろんまぶしい作り笑顔とよそ行きボイスで、Sorry ! と話しかけるのを忘れません。あーやだ。

こんな古典的な作戦が上手くいくというのですから、どーしてなかなか侮れません。ターゲットが3人いるときは、都合3回作戦実行するそーです。獲物は多ければ多いほどヨイので、好感触なら3人とも捕獲するそーです。あーやだ。あーやだ。

本国に戻れば、週に3日、ホテルのロビーハンティングも欠かしません。高級ホテルのロビーで新聞読むフリしながら、宿泊客にイケメン&カネモチがいないかチェックします。売春婦に間違えられたこともあるらしい。あーやだ。あーやだ。あーやだ。

無事、本国に強制送還されてホッとしております。

・・・・・

でも、なんだかさみしーのはなぜだろー。

| | コメント (3)

蜉蝣

iPod を聴きながら、東五反田の街を歩いていたときのこと。

何となく歩道の右側の植込みの方に顔を向けると、50メートルほど視界の先に若い男女が立っていた。マンションの敷地のような場所にバイクを止め、そのバイクを挟むようにして二人は立っていた。大きなバッグを斜め掛けにした男の子と、長くて黒い髪を後ろに束ねた女の子だった。

「この二人、きっとキスするんだろうな」

そう思った次の瞬間、ゆっくりと二人の顔が近づいてひとつになった。

歩きながら、ちょっとだけ見とれてしまった。

・・・・・

| | コメント (0)

ひとつだけ

イラネーもんは たくさんあるの
きらめく星くずの マウスポインタ
無意味なflashで 組み立てた企業サイト
世界中の不幸 集めつくる ポエムブログ

けれども今 気がついたこと
とっても大切なこと
イラネーもんは ただひとつだけ
ウミガメみたいに重いくせに 改善しないサーバ

Bフレッツにしてるんだから いつまで経っても
読み込み中はカンベンしてほしいの ねぇおねがい
Yahoo! トップページの ウザイ広告も
目障りだから自重してほしいの ねぇおねがい

イラネーもんは ほかにもある
Twitter のアダルトフォロー
インターネットを駆けめぐる
選びぬいたエロ 集めつくる違法サイト

けれども今 気がついたこと
とっても大切なこと
一番イヤンなことは あなたの口から
自分語り きくこと

離れているんだから わたしのこと
ほっといていてほしいの ねぇおねがい
営業気分の時も わたしのこと
これ以上 かかわらないでいてほしいの ねぇおねがい

ラララ ライラ ララララィ
ララララィ ラララ ライラララィ ラララィ
ねぇおねがい

Vocal  Bell Marunouchi
Guitar  Kenji Omura
Bass  Haruomi Hosono
Drums  Yukihiro Takahashi
Keyboard  Ryuichi Sakamoto

| | コメント (0)

YMOはスターウォーズ

YMO のお三方こそが、昭和の最後のアイドルだと信じて疑わない丸の内である。

考えてみたのだが、彼らはスターウォーズの登場人物によく似ている。

ホソノさん…言わずと知れた、マスターヨーダ。どうしてこんなに似ているのか、よく分からないぐらい似ている。顔だけでなく、混沌とした日本の音楽界に、テクノという新たなフォースを誕生させたことも酷似している。そして、マスターのもとに若きフォースの使い手(パダワン)たちが集い、厳しい修行(ワールドツアー)を経て一人前のジェダイの騎士となる事情も共通要素だ。

キョージュ…ダース・ベイダー以外にあり得ない。幼いころから内に秘めたすさまじい才能(フォース)がやがて若きジェダイの騎士として開花するも、オンナがらみ(ヤノアキコ他いろいろ)やジェダイ・マスター(ホソノさん)への嫉妬から暗黒面へ堕ちていく。エコやら非戦やら、ヘンなことを言い出す精神面の危うさもダース・ベイダーとキョージュの同じ要素だ。さらに、スターウォーズ(YMO)の中で最も知名度があるキャラクターなのも、二人の共通項ではないか。

ユキヒロ…ハン・ソロ。ハンサムでオンナにモテる。←コレに尽きる。フォースがなんだ、暗黒面がなんだ、と上記二人の確執には巻き込まれないのも特徴。愛機ミレニアム・ファルコン号を自在に操る様は、ユキヒロのタイトなドラム演奏を彷彿とさせる。とにかくカッコイイのだ。

んじゃ、悪ノリついでに

ヤノアキコ…パドメ・アミダラで決まり。かのアナキン(若き日のキョージュ)と恋に落ちて結ばれ、レイア姫(美雨チャン)を産み落とすとこまでクリソツ。

大村憲司…チューバッカ。比較的地味ながらも、やはり彼(チューバッカであり、大村憲司であり)がいなければワールドツアーの成功はなかったと思う。さらに言うと、彼の優しさと知性が溢れるギターワークは観客を魅了したが、それもチューバッカとイメージが重なる。素晴らしいギタリストだった。

松武秀樹…どー考えても、 R2D2 じゃん!ほかにどう言えば?

・・・・・

なーんてことを妄想しながら、夜食(メタボのモト)の崎陽軒シウマイを食す丸の内であった。もしも YMO のオフカイに呼ばれたら(そんなのあるのか?)、第二次ワールドツアーシャツ着て行くぞい。アラカン( around 還暦)バンドサイコー!まいねーみずとんぷー!

| | コメント (4)

洗脳サントラ

以前にも書いたかもしれませんが、べるはスーパー偏向気質の祖父と父の影響を多大に受けて育ちました。古い、しかしある意味まっとうな考えの彼らは、べるを「後継ぎ」と想定した上での、「偏向へっぽこ英才教育」を実施していたのであります。「後継ぎ」て、おい。大会社や財産があったワケじゃ全然ないんですよ。フツーの商店。

全くもってくだらねー話ですが、「偏向へっぽこ英才教育」とはこんな教育です。「いわゆるガッコウの勉強や受験勉強は一切不要、ちうかむしろ有害」「本を読み、映画を観て、礼儀作法とデーブルマナーを身に付けろ」 聞こえはいいですが、実情はヒドイもんでした。これについてはまた後日ぶちまけるとします。ちなみに、べるは学習塾のタグイに一度も行ったことありませんし、オンナは大学行かんでイイと言われて育ちました。

そんなべるがチビッコ(赤ん坊のときから小学生ぐらいまで)時代に、自宅やクルマでさんざん聞かされた洗脳映画音楽のごくごく一部を紹介します。どれもおそろしく古い映画です。

・ 荒野の七人 (1960年作品)

クロサワの「七人の侍」リメイクなんて知らずに、西部劇信者の祖父と父(特に祖父)にこのテのサントラを自宅とカーステレオで繰り返し聞かされました。映画はテレビの洋画劇場、ビデオ、 DVD で何度も観ました。ユル・ブリンナー、スティーブ・マックィーン、チャールズ・ブロンソンという偉大なるアクターがクロサワ映画の世界を西部で展開します。

・ 史上最大の作戦 (1962年作品)

西部劇と同じく、戦争映画も洗脳アイテムでした。原題は" The Longest Day "ですが、「史上最大の作戦」という邦題はある意味サイコー傑作です。幼児だったべるに、「ノルマンディ上陸」について熱く熱く語る祖父と父。軍隊の階級、陸軍と海軍の違い、戦車や潜水艦や軍服についてのあれこれ、についてウンチクを聞かされる羽目に。なお、このころすでに、祖父はイタリア軍のことをヘタリア呼ばわりしておりました。スゲー。

・ ベン・ハー (1959年作品)

西部劇、戦争映画、とくればお次はスペクタクルやアクションでしょう。祖父はハリウッドの回し者みたいに、この類のサントラを一日中聞いていました。まだ生きていたら、きっと、レッドクリフにハマりそーなおじいちゃんでした。もちろんべるも、あのクライマックス(四頭立ての戦車レース)こそハリウッド史上最高のシーンと断言しまする。スター・ウオーズのポッドレースはこれがモデルになっているのも有名です。

・ 死刑台のエレベーター (1958年作品)

当時、この曲を聞くとものすごーく怖かったのです。特に夜のドライブなんかで。乾いたトランペットに天国ではないどこかに堕ちていく気分にさせられました。父から、これはフランス映画なんだよと教えられていたのも鮮明に覚えています。映画を観たのはずーっと後になってからですが、最初にカーステレオで聞いた時の乾いた恐怖が蘇りました。

・・・・・

ほかにもたくさんの洗脳サントラを聴かされて育ちましたが、こうしてみると、祖父と父のシュミはまんざら悪くなかったと思う今日この頃です。   

| | コメント (0)

今よみがえる昭和の名曲シリーズ!(第六回海外編)

第一回はコチラ(YMOの「TongPoo」)

第二回はコチラ(シーナ&ザ・ロケッツの「浮かびのピーチガール」)

第三回はコチラ(NHKみんなのうたの「コンピューターおばあちゃん」)

第四回はコチラ(「ハイスクールララバイ」)

第五回はコチラ(「風の谷のナウシカ」)

・・・・・

本日は海外編。したがって昭和ではなく、いわゆる80年代なのですが、大目にみてやってくださいませ。

さてさて、ご紹介するのは世界規模の名曲とゆーか珍曲とゆーか。正直言って曲そのものや企画意図が素晴しいとはあまり思わないのだが(シツレイ)、エンターテーメントという意味では後世に残したい2曲とそのプロモである。

まずは、1曲目。

再生していただければ、すぐにお分かりであろう。バンド・エイドの "Do they know it's christmas"だ。アフリカに食糧を!という趣旨のチャリティープロジェクトから生まれた曲である。当時のUK人気ミュージシャンが勢ぞろいしており、プロモがとんでもないことになっている。

トップバッターのポール・ヤング(と書いて一発屋)がかなりヨレったTシャツで 歌いはじめる。大学時代、この人にソックリの院生がいたのだが、ポール・ヤングと言っても全然通じなかった(だって一発屋)苦い思い出がある。当時から、音楽懐古趣味主義者のべるだった。

お次は、赤毛のボーイ・ジョージ御大。つい最近ムショを出た彼の画像を見たけど、直視できないほど劣化していた。しっかし、この人の顔ってクレヨンしんちゃんに登場するオカマキャラそのものなんだけど、まあいいや。

ここでフィルおじさんのキレのいいドラムが入る。今はすっかりヘアが退化しちゃったけど、まだ髪の毛くりくりでキューピーちゃんみたい。永遠のアイドル決定。

お次はバタ臭くクドイ顔が続く。ワム!の片方とデュラン・デュランのボーカル。特にデュラン・デュランはいたたまれない程クド男(表情も歌い方も)であるが、こいつらが世界規模で死ぬほど稼いでいたのかと思うと感無量だ。次のカットではスティングと並んで歌ってるが、スティングがイヤそーな顔してるのが笑える。絶対に、「キモイんだよテメエ」と思いながら歌っていたに違いない。

さらに、ホストみたいなスパンダー・バレエのヤツがカッコつけて歌い、スティング・ボノ・クド男のトリオに続く。ボノはいいねえ。そして、睡眠不足なのか顔色の悪いポール・ウェラー。

後半はいろんな人たちがごちゃごちゃたくさん出てきて、ウォーリーを探せ状態になっている。ほんとに懐かしく、MTVそのものである。

さて、2曲目はアメリカのチャリティー・プロジェクトだ。

かの有名な "We are the world" であるが、参加ミュージシャンがUKチームよりオジサマ度が高く年季が入っている。

トップバッターはバッタ顔のライオネル・リチ男。行きつけのバーにリチ男ソックリのおじさまがいて、それを指摘したらしばらく口をきいてもらえなかった苦い思い出もある。

その後、きら星のような面々が次々と登場するのはプロモを見ていただければ説明不要かと。で、注目なのは、酔っ払ってるみたなケニー・ロジャース、マイケル・ジャクソンのキラキラ靴下と手袋、超大物の中にあってもウォウウォウウォウ~のシンディ・ローパー、スティービー・ワンダーとブルース・スプリングスティーンのデュオ場面、レイ・チャールズのゲンキなお姿、地味にコーラスしてたホール&オーツのジョン・オーツ、ステキオジサマのウィリー・ネルソンもいるし、一発屋ケニー・ロギンス(フットルース!)も見かけた…。

大昔、ウチのガッコウの美術の教員がケニー・ロギンス似だったが、やはり指摘したところで、案の定「誰それ?」という悲しい反応だった。こんな思い出ばっかやん。

しかし、同じような企画でもUK とアメリカじゃ全然雰囲気ちがうなーと改めて感じた。どちらも1985年の出来事である。

| | コメント (4)