浦島太郎はリーマンの願望メタファーである

ブンガク研究者の解釈によると、お伽草子の浦島太郎は、不老不死の願望だったり(たまてばこのくだり)、母親への胎内回帰願望だったり(竜宮城のくだり)します。まあ妥当な解釈でしょーな。流浪の教員丸の内は、この浦島太郎を現代社会に当てはめてみたのであります。

題して、「浦島太郎はリーマンの願望メタファーである」。

物語に登場する浦島太郎は典型的な日本のサラリーマン。浦島商社で働く企業戦士。上司は話がクドくて粘着質、同僚は酒癖悪くてギャンブル好き、顧客は無理難題ばかり並べて一向に契約してくれない。若いオネーチャンもいない殺伐とした職場なのである。

そんなある日、太郎がいつもの海岸に営業にいくと、外資系商社の新入社員がタチの悪い連中に絡まれていた。折りしもこの不景気。こんな外資系野郎にシェアを奪われてなるのもかと、よってたかってボコボコにしていたのだ。

太郎は一瞬躊躇したものの、「オイ!ケイサツ呼ぶぞ!」と威嚇して連中を追い払った。

太郎のお陰で助かった外資系リーマンは「お礼にわが社のある本国へご案内しましょう」と申し出て、ジェット機をチャーターすると、そのまま太郎を連れて海外へ向かったのである。急な申し出ではあったが、日々の生活と今の会社に不満を感じていたため、気分転換も兼ねて随行を快諾した。

外資系リーマンが案内したのは、なんと世界的某企業の役員室。太郎に助けてもらった報告を受けるやいなや、感謝のしるしにとパーティを開く運びとなった。会場は企業が所有する高層ビルのペントハウス。太郎のために贅沢な住居も与えられた。もちろん食事やコンパニオンも申し分ない。

パーティは一週間ぶっ通しで行われ、高いシャンパンやワインが次々に開いていった。ゲストに有名ミュージシャンが招待され、目の前で生演奏が繰り広げられた。世界的スターと呼ばれる人たちも多数訪れ、その中にはあの歌姫もいた。

太郎は光速で歌姫の虜になった。まるで恋人同士のように朝昼晩と二人で過ごした。寝ても起きても歌姫がそばにいたのだ。このウハウハ状態に、太郎はいままでの生活をすっかり忘れてしまったように思えた。

ところがある日、なぜだか太郎が日本の会社のことをちと思い出したのである。太郎は歌姫にこう告げた。

「そろそろボーナス出ると思うし、やっぱ無断欠勤もマズいし、年末調整もやらなくちゃだし、一旦帰国していい?」

「えー、帰っちゃうの?マジ?」

「うん、ごめんね」

「じゃあさー、記念にこの箱あげるけど、開けちゃダメだよ」

「おk」

「着いたらメールしてね」

「わかた」

果たして、行きと同じようにチャーター便で帰国した太郎であった。が、しかし…、以前と様子がすっかり様変わりしているではないか。政権交代なるイベントがあったらしく、宇宙人みたいな顔の首相がニュースに出ている。清純派アイドルが薬物使用で逮捕されたという話も聞いた。トヨタの店長はコドモになったというし、街行くヒトは全員ユニクロのヒートテックを身にまとっている。

アアア。オレが遊んでいる間に、何から何まで変わっちまったよ!

失望した太郎は、歌姫にもらった白い箱をエイヤッと取り出した。歌姫はなんで開けちゃダメなんて言ったんだろう。意味わかんねー。いいや、開けちゃえ!

・・・・・

結末はご自由にご想像ください。くだらなすぎてスミマセン。

| | コメント (1)

続・原田知世の一日

今朝も小鳥の声で目が覚めた。

窓を開けると、冬の挨拶を思わせる冷たく透明な空気。木々は風でカサコソと音を立て、落ち葉には冷たい朝露。まだ柔らかいけれど、充実した一日を予感させる陽射し。わたしの新しい一日がここから始まるのだ。

白いガウンを羽織ると、お湯をわかすために一階の台所へ。いつもの場所でいつものヤカンがわたしのことを待っている。もう何年も使っているヤカンだ。そろそろ名前をつけてあげないと、なんてふと思う。

そして、戸棚からブレンディを出し、お気に入りのマグカップにたっぷりコーヒーを作る。最初の一杯はミルクもお砂糖も入れないことにしている。カップを持って書斎に移動。暖房を入れていないのでひんやりと肌寒い。慌てて薪ストーブに火を入れた。

実はここ数日、いつものN.Y.タイムズを読む前に、PCを立ち上げるようになった。ユキヒロさんに誘われたTwitterを見るのがちょっとした楽しみになっているのだ。今朝もFollowersがたくさん増えてて驚く。不思議なつながりを感じるなあ。ドキドキしながらちょっとだけ書き込んでみる。モニターの向こうにはユキヒロさんや美雨ちゃんがいる。

昼間はいつものように庭仕事や森の散策。

森の中にあるこの家に住むようになって、リスやシカやフクロウと友だちになった。時々、パンくずをあげたり、一緒にキノコや木の実を探したりする。森で分からないことはこの子たちにきくのが一番だ。最近は、作詞をするときもこの子たちがそばにいる。

…なんだかとりとめもないことを書いてしまいました。これから町まで行って、ユキヒロさんたちとレコーディングです。

| | コメント (0)

藤原紀香の一日

10:00
オハヨー!なんだかかったりー目覚め。夕べ、十番のカラオケでオールしちゃったし。お肌の調子もイマイチなんで、午後にエステのヨヤクを入れなくちゃ…。

10:30
ヤカンでお湯沸かして、明治製菓のコクミルイッキ飲み。

11:00
マネージャーにデンワ。ユニクロCMの撮影だって。ワタシ、なぜか庶民的なCMの依頼しかないのよね~。おかしーよね。今度、風水のセンセイに相談してみよー。

12:00
取材を兼ねて目黒のイタリアンのお店で昼食。若干ふつかよいだけど、スプマンテ飲むかー。

13:30
バラエティ番組の収録。なんかもーうぜー。エステはキャンセル。

17:30
スタジオを抜けて、十番の商店街へ。いつもの酒屋で紙パックの月桂冠を買う。マグロ持ったタレント仲間に鉢合せしないかな?

22:00
ヤバイ!今終わった!間に合う?ボクシングの中継なのー!

24:30
そろそろ寝る時間ね。明日こそ、ミスパリに行かなくちゃ。それに、レオパレスの契約更新だわ。ちうわけで、ぐっない。

| | コメント (0)

原田知世の一日

原田知世というヒトは一体どんな生活をしているのだろーか。謎に包まれたカノジョの一日を妄想してみた。

6:00
小鳥のさえずりと共に起床。白いレースのカーテン越しに柔らかな朝日が射しこんでくる。枕元のテディベアにキスして、朝のあいさつを交わす。今日もいい一日になりそうな予感。

6:30
N.Y.タイムズを読みながら、朝のコーヒーを飲む。ちょっと濃いめのブレンディを、パリの蚤市でみつけたマグカップで飲むのが日課となっている。

7:00
朝食の支度を始める。今朝はマッシュルームのオムレツとこんがり焼いたライ麦パン。畑で採れたトマトのサラダも作ろう。キッチンにいい匂いが立ち込めてきた。

7:30
今日のスケジュールを確認する。午前中は庭の柵のペンキ塗り。午後は森にキノコを採りに行こう。夕方にはライブの打ち合わせもある。

8:00
ユキヒロさんからメール。こないだ送ったブレンディ・スティックカフェオレを喜んでくれたみたい。「また一緒にライブやろうね」だって。

9:00
お天気もいいし、お洗濯しなくちゃ。シーツもテーブルクロスもエプロンも全部洗っちゃおう。洗濯機が回っている間、サン=デグジュベリの「星の王子さま」を原書で読む。何度読んでも飽きない。いつかライブで大貫さんの「星の王子さま」を歌いたいなあ。

10:30
ペンキ塗りを始める。茶色いペンキを柵に塗っていると、それがブレンディ・ボトルコーヒーを連想させ、無性に飲みたくなった。なぜか庭で遊んでいた女の子にペンキとはけを丸投げして、氷を浮かべたアイスコーヒーを満喫した。ホッ。

12:00
WOWWOWを見てたら、「時をかける少女」をやってた。なんだか恥ずかしいけど、あのころと全然変わらないねってよく言われるんだ。

14:00
近くの森にキノコを採りに行く。たくさん採れたらスープにしようと思っていたのに、今日に限ってキノコが見つからない。手持無沙汰にしていると、どこからともなく女の子が現れ、「ヒマですね…」とつぶやいた。思わず「…ですね」と同意してしまい、ブレンディでアイスカフェオレを作って飲むことに。意外と簡単にでき、美味だった。それにしても、この女の子は一体誰なんだろう。

17:00
六本木のスタジオでライブの打ち合わせ。差し入れ持っていったスコーンを、鈴木慶一さんが気に入ってくれた。もっとたくさん焼けばよかったかな?

21:00
自宅に戻る。あたりは真っ暗で、ふくろうが鳴いている。夜更かしはよくないので、ハーブをたっぷり入れたお風呂に入って、早めに休むとしよう。

23:00
就寝前にちょっとだけ Twitter でつぶやいてみる。私のつぶやきって、スウェーデッシュに聞こえるらしい。

23:30
さーて、そろそろ時をかけようか…。おやすみなさい。

| | コメント (3)

エリート養成校

わたしは全寮制のエリート養成校で研修を受けることになった。

生徒は現役の教師ばかり。三ヶ月間そこで高校生として過ごし、エリート養成のノウハウを身をもって体験するというプログラムである。これは文部科学省の監督下、試験的に一部の都道府県で実施されている。一般には公表されていない。

丹沢湖近くの山中に広大な学校所有の敷地があり、自衛隊による厳重な入退場のチェックを受けた者だけがゲートの通過を許される。 ID カードは必携で、金属探知も行われる。われわれは、一度入場したら原則として三ヶ月間はここから出ることはない。途中退場は脱落を意味し、二度とエリートコースに戻ることはできないからだ。

この敷地の中にはおよそ日常生活で必要と思われる事物がすべて無償で提供されている。レストランやスーパーはもちろん、ユニクロやタワーレコードもある。テニスコートやプールといった運動施設から、映画館やちょっとしたゲームセンターなどの娯楽施設まで完備されている。成人が対象の学校なので、タバコやアルコールも自由に提供されている。銀行もあるが、敷地内のサービスはすべて無料であるため、現金を持ち歩く必要はない。

ただし、三ヶ月間、敷地外への電話やメールなどの通信行為は固く禁じられている。ネットの閲覧は自由だが、発信行為にはブロックがけられているため、同じく情報を外に漏らすことはできない。やろうと思えば手段がないわけではないが、研修の三ヶ月間の基本的ルールであるところの、外に出ない、外に発信しない、を破れば脱落者とみなされる。したがって、やろうとする者などいない。

わたしは30名のとあるクラスに所属となり、クラスメートたちとともに三ヶ月間高校生として生活することになった。オリエンテーションの類は一切なく、初日から、そこで高校生として過ごすことが要求された。授業を受け、休み時間にお喋りして、放課後はクラブ活動に参加したりした。座席は指定されていたが、それ以外は自由な態度で授業を受けてもよかった。持ち物の制約はないし、居眠りしても注意されることなどなかった。むろん、そんなことをする生徒など一人もいなかった。ここに集まっているのは、国家の教育現場を指揮監督するエリートを目指す現役の教師ばかりなのだ。

だからと言って、教室の雰囲気がギスギスした窮屈なものかというと、そんなことは全然なかった。彼らは知っていた。コミュニケーション能力もエリートの必須条件であり、クラスメートと協調する態度も非常に重要であることを。むしろ、どれだけこの研修のムードメーカーになるかこそが水面下で競われていると言っても過言ではない。全員が親切で明朗で思いやりのある行動をとっていた。誰かがミスをしても心から励まし、決して自分だけがいい子ぶるようなことはなかった。仲間外れを作ることもなければ、偉そうなリーダーもいなかった。まさに理想のクラス。

わたしもクラスメートとすぐに打ち解け、休み時間は音楽の話をしたり、分からないことは気軽に相談した。誰もが親切で、孤立感を味わうことなど皆無だった。

われわれを指導する教官は、ごく普通の教師に見えた。普通に授業を行い、たまには冗談を言って笑わせ、宿題を出した。昼休みに職員室に行くと、ちょっとした相談にも乗ってくれたし、放課後はジャージに着替えて陸上部の指導をしていたようだ。

これといった不自由を感じることもなく、三ヶ月が過ぎようとしていた。この研修が終わると、それぞれが元の学校に戻るのだが、研修の査定は本人には知らされることはない。現場に復帰して、ある日突然異動が言い渡されるらしいが、その異動内容がすなわち査定らしい。異動は一ヶ月後の人もいれば、一年後の人もいるそうだ。まだ試験段階のプログラムなので、噂でしかない。

その日、現代文のテストの答案が返却された。教官が一人ひとり名前を呼び、教室の前に行き答案を受け取る。生徒たちは点数に一喜一憂し、教官は点数によって褒めたり注意を促したり、ごく普通の風景である。わたしの番がきた。

名前を呼ばれて前に行くと、教官が無表情で小さな紙片を渡した。そこには、わたしが再試験の対象者であることとその日時が記載されていた。

「再試ですか?」

思わず尋ねると、教官は無言で頷いた。

「わたし、何点だったんですか?そんなに悪かったんですか?」

少々動揺しながらさらに尋ねた。そんなに出来が悪かったなんて、意外であると同時にショックでもあった。クラスメートの手前、恥ずかしいとも思った。

けれど教官は無言で再試の日時を示すだけで、わたしの質問に答えてはくれなかった。なおも食い下がり尋ねると、ようやく重い口を開いた。

「点数じゃないんだよ、キミが日頃考えていることが答案に如実に表れていて、これではいけないって上が判断したんだ。悪いことは言わないから黙って再試験を受けなさい」

「わたしが日頃考えていることですか?」

「そうだ」

「それって、このテストと何の関係もないことじゃ…」

「いいかい、黙って再試験を受けるんだ、そうでないと残念なことになる」

「納得がいかないので、わたしの答案を見せてください」

「それはできない」

「どうしてですか?」

「キミの答案が抵触してしまった以上、ここでのルールに従ってもらうしかないんだよ、分かるね」

「分かりません」

「キミはしつこいよ!」

今まで一度も声を荒げたことのない教官が、強い口調となったとき、教室全体に異変が伝わった。仲のいいクラスメート数名が飛んできて、心配そうに声をかけてきた。

「再試験なんて誰にでもあるよ、気にするなよ」「そうだよ、今回ちょっとだけ運が悪かっただけさ」「それより、昼休みになったら昨日の続きを話そうよ」

みんなは思いやりにあふれた表情で、優しい言葉をかけてくれた。しかし、その言葉がなお一層わたしを苛々させた。すべては虚偽に満ちている。

次の瞬間、わたしは大きな叫び声をあげながら、廊下に飛び出した。廊下にはいつの間にか大勢の自衛官が立っていた。彼らは銃を持っていた。

わたしは彼らの間をすり抜け、全力でゲートに向かって走った。逃げ切れるはずなどないのだ。けれど、逃げるしかないのだ。

一心不乱に逃げるしか、残された道はなかった。

| | コメント (0)

「政権交代ごっこ」

オザワ商店の大将が店をたたむと言い出した。

この大将、若い頃は老舗のタケシタ百貨店で修行したという強モノだ。商店街の理事長をしていたのだけど、なにせココロが狭い(狭心症)のと顔がコワイのとで人気がいまひとつだった。

オザワ商店で扱っていたのは「政権交代ごっこ」という怪しい健康食品。

これを飲めば血液サラサラ、血糖値も下がるし、ちんこもアガリスク!というこれまた怪しい効能が謳い文句で、なぜかよく売れたなー。「政権交代ごっこ」でウハウハな中年ライフが送れますよ、とメディアがこぞって発信したからだろう。「政権交代ごっこ」は「生キャラメル」と並ぶメガヒット商品となったよね。

でもまあ、そんなうまい話ばかり長くは続かない。

ニシマツ商店の大将に金出してもらって、二人で歌舞伎町に行ったことがバレてしまったのである。おそらく風俗に使ったのだろう。オザワの大将の人気もガタ落ち。

今、商店街では次の理事長をだれにするかでもめてる。いや、ホントはもめてなんかなくて、オザワの大将が「ハトヤマ書店の店長にさせろよ」と言ってるから、たぶんそうなるのかな?大型スーパーイオンの店長見習オカダさん、ヤルキあるのかないのか。

理事長になるためには、経験値はもちろん、たくさんのお金とお金を集めるジンミャクとやらが必要だ。じゃないと、「センキョ」に勝てないんだよね。そうだよね。

・・・・・

| | コメント (0)

3年2組ものがたり 「アソウセンセイとの約束」

コイズミセンセイが学校を去り、しばしの時が経ちました。

あの頃、とっても元気だったゆりこちゃんやさつきちゃんたちも目立つことはなくなりました。昔は学級委員をバリバリやってたんだけどね。今は私立中学の受験勉強でもしてんのかな?

コイズミセンセイの後任のアベセンセイは体調を崩してすぐに辞めちゃったし、代わりにやって来たフクダセンセイも、「アナタとは違うんです」 と言い残してドロンしちゃった。

違うって言われてもね。

秋の新学期から、アソウセンセイがやってきたんだよ。アソウセンセイだいすき!

だって、勉強しろとか宿題やってこいとかうるさく言わないし、授業はテキトーだし、楽なんだもん。

ウチらの好きなアニメにも詳しいしいんだよ。

漢字テストもきびしくないし、ひょっとしたらアソウセンセイ漢字苦手?まさかね。

アソウセンセイの実家は、石炭を掘ったり、セメントを作ったり、なんかスゴいお金持ちなんだって。いいなあ。

だから、学校の帰りにオトナの人がお酒を飲むお店によく行くらしくて、それもホテルのバーってところなんだってさ。

ウチのお母さんたちが噂してたもん。

キョーイク委員会の人たちのウケはよくないみたいだけど、ウチらにはカンケーない。

アソウセンセイとクラスのみんなでアキハバラのメイドカフェに行く約束したから、その約束は絶対守ってほしいんだ。センセイは生徒との約束を破るよーなさもしい真似はしないよね。ね。

| | コメント (0)